日なたの部屋 第六十回

どうも皆さんこんにちは、花粉症と戦いつつ、日なたの部屋、やっていきたいと思います。今は薬の作用でかなり抑えられていますが、それが切れた途端にくしゃみと鼻水が押し寄せてきます。ティッシュペーパーとアレ〇ラは足りるだろうか。

 

一口に花粉症といっても、その原因となる植物は沢山あります。現在、60種類以上が報告に上がっているそうです。特定の種の花粉のみならず、類似した植物の花粉にも反応することが多いので、環境をかえることによる対策は難しく、げんなりしますね。で、植生によって主となる植物が変わるのも報告されています。例を出せば、稲作が盛んな地域では、あまり聞かないイネ科の花粉症が多いです。で、更に詳しく調べてみると、どうやらほぼ全ての植物に対して、花粉症は発症するようです。人工授粉をしているところとかは多そうですね。因果応報というか、トレードオフとしてはキツすぎるというか。

mataiku.com

 

恐ろしいことに、酷いときにはアナフィラキシーショックも出てくるようです。急性・全身性症状ですよ。まぁアレルギー疾患の1つなので、当たり前といえば当たり前ですが。アレルギーが特に強く出る人は、花粉の多い日に外出し、激しく動き回らないようにした方がいいかもしれませんね。