日なたの部屋 第二十七回

どうも皆さんおはようございます、夏にしてはやや涼しい早朝の気温を感じ、朝日を一杯に浴びつつ、日なたの部屋、やっていきたいと思います。まぁ、どのみちすぐに暑くなるので、今日も冷房必須ですね。電気代が嵩んでしまうことにため息をついております。

 

暑さ対策をしておきたいということで、人は様々な方法を採っております。日本の伝統といえば打ち水ですかね、玄関先に水を撒き、その気化熱で地面の熱を逃がす、という仕組みですね。誰にでもできる、簡単かつ効き目のある方法です。風鈴を軒先につけるというのも、涼を感じる方法としてそれなりに続いているものですが、実はこれ、幼い頃に風が吹いていると風鈴が鳴るということを「学習して」いないと効き目がないようです。つまりイマドキの人や外国人には効かない可能性が…

 

動物たちも体温調節という点で、暑さ対策をしております。野良猫が日陰で脇腹をコンクリートにくっつけている様子を見たことがありませんか? 常に日陰にあったコンクリートはそれなりに冷やっこくて、そこに動脈が通る脇腹をつけることで、熱を効率的に逃がすことができるということだそうです。なるほど、これを真似してみたいところですが、生憎ながら、人間は立って半畳寝て一畳、大きすぎて日陰から出てしまいそうです。

 

クレジットカード審査が甘い11枚