日なたの部屋 第十八回

どうも皆さんこんにちは、梅雨の雨の切れ間に日なたの部屋、やっていきたいと思います。あれ、今って梅雨でしたっけ? 雨が少なすぎてそんな感覚がしませんでした。

 

最近、私はアニソンを少し集めておりまして、それぞれの歌詞やメロディとストーリーを比較するようになっているんです。だいたい、登場人物の過去に関する内容を含むものが多いですが、本編中の心情を素直に歌っている部分もあります。

場面設定が主題歌でわかるということもしばしば。アニメを見るときには、その背景を知っておくとより楽しめるんじゃないでしょうか。

 

creditcard-c.com

「アニソン界の名曲」なんて言われている曲はありますが、その多くは、アニソンという枠組みから離れても名曲として受け入れられそうなものです。

当然、その中には問題作とされるものもありまして、それについては賛否両論様々です。

私がよく知っている曲なんて、アニソンなのに現実世界の紛争における事件というか出来事というかを題材にしていましたよ。

主題歌というものは往々にして編集され短くなっていますが…幼い頃に見たアニメを思い出して、大学生になってからCDを借りて聴いたとき、愕然としましたよ。

「あのとき楽しみにして聴いていた曲が、こんな内容だったなんて」これに尽きますね。皆さんの中にも恐らく、思い当たる節があるのではないでしょうか。

クレジットカードの人気の秘密を解説するサイト