日なたの部屋 第十三回

どうも皆さんこんにちは、曇天の下なのに日なたの部屋、やっていきたいと思います。どうして書こうと思ったときに限って悪天候なんでしょうかね。

 

 

さて、今回は交通についてです。ひとえに交通と言っても様々です。一般には自動車、鉄道、飛行機、船舶が挙げられますが、当然ながら歩くことだって交通です。

これらが複雑に絡み合って都市交通が形成されますが、当然のことながら整理しておかないと事故が起こります。それぞれ速度も視界も違うので、当然といえば当然です。故に、相手のためにも自分のためにも、注意力を高めなければなりません。

ささみ レシピ 人気

 

ただ、注意力を下げる要因も多くあります。例えばそれは、病気に罹って診療所や病院に行かなければならないけれど、病気のせいで頭がボーっとしていて周りがよく見えずに、うっかり信号を無視してしまったというのはたまに聞きます。

あるいは、携帯電話に着信があり、前を見なければならないのに、ついつい電話に注目してしまうことも、多いのではないでしょうか。飲酒運転なんて、もっての外でしょう。

tokyotoolympic.net

 

心理学の世界では、ヒトを含めて動物の注意力には限界があり、それは健康状態にも左右されるということがわかっています。「自分は大丈夫」ではありません。あまねく動物には全て限界があります。「自分はやばいかも」という考えを大切にしてください。